一人暮らしで軽自動車を維持する方法【手取りいくらあれば維持可能?】

生活費想定方法

この記事では一人暮らしで軽自動車を維持する方法について書いていきます。

・手取りいくらあれば一人暮らしで軽自動車を維持できるのか?
・手取り15万円で軽自動車の維持は可能?
・一人暮らしで軽自動車を所有する時の流れと注意点

※この記事ではあくまでも手取りで書いています。(つまり各種税金などを払った後の金額でお考えください。)

参考サイト:手取りと額面の早見表


軽自動車の維持費について

軽自動車の維持費については別記事で書きました。

その記事での結論は、ほとんどのケースで月2万5千円捻出できれば軽自動車は維持できるでした。

※車のローンが有る場合、駐車場代が1万円を超えるなど高額な場合、通勤距離が長い場合は別です。※2万5千円と言うのは、毎月出費していく訳ではありません。車検など突然来る大きな出費に備えての貯金も含まれます。
ですのでこの記事では仮に軽自動車の維持費用を月2万5千円として考えていきます。

手取り15万円で軽自動車の維持は可能?

この軽自動車の維持費月2万5千円という数字ですが、手取り15万円とかの人だと相当厳しいと思います。

私が手取り15万円(家賃4万円)で一人暮らししていた時、この月2万5千円を支払える余裕はありませんでした。相当やりくり上手な人なら可能かもしれませんが、手取り15万円の人で軽自動車を所有している一人暮らしの人というのはレアケースかと思います。

手取り15万円で軽自動車を維持するのが何故厳しいのか解説してみます。

手取り15万円の一人暮らしの内訳【例】

私が手取り15万円の一人暮らしをしていた時、以下のような生活費内訳でした。

  • 家賃 40000円
  • 光熱費 10000円
  • 通信料金 12000円
  • 食費、雑費 40000円
  • 合計 102000円

このような内訳で確実に掛かる生活費だけで約10万円という生活をしてました。これだけ見ればあと約5万円もあるので2万5千円の軽自動車の維持費位払っていけるでは?と思われるかもしれませんが、以下の理由で無理でした。

  • 設定上はこの内訳だけど、一人暮らし初心者だった為、光熱費や食費のやりくり節約が上手くないのでこの金額で収まらない事が多々あった。(主に電気代と食費)
  • 突然の出費がほぼ毎月発生した。(通勤用バイクの故障、仕事で使う物や、衣服など、買わなければならない物が発生など)

こういった事があったので実質的な自由に使えるお金は2、3万円という印象でした。この残りのお金を軽自動車の維持費に当てれば所有自体は可能だったかもしれませんが、本当に自由に使えるお金(=お小遣い)はゼロとなります。

という事で私が手取り15万円の一人暮らしをしていた時は軽自動車を購入する事は頭にありませんでした。

手取り15万円で軽自動車を維持した場合の生活費内訳(家賃は4万円)

  • 家賃:40000円
  • 食費:30000円
  • 光熱費:10000円
  • 雑費(日用品代他):10000円
  • 通信費(光料金+スマホ代):8000円
  • 軽自動車維持費:25000円
  • 合計:123000円(残り27000円)

仮に手取り15万円で軽自動車を維持するのであれば以上のような内訳になるかと思いますが、これだと残りが27000円です。突然の出費や貯金などの事を考えればこの金額だけしか残らないとなると相当厳しいです。少なくとも充実した一人暮らしとは言えなくなります。

ですので私の結論としては、

  • 手取り15万円
  • 家賃4万円
  • 食費3万円
  • 光とスマホを契約する

この条件では軽自動車は維持しない方がいいということになります。食費と家賃をそれぞれ1万円ずつ下げる事が可能ならば大丈夫ですが、結局は何を取って何を捨てるかという問題になります。

食費3万円と言うのは健康を維持する上で最低ラインかなとも思います。

手取り17万円で軽自動車の維持は可能?

手取り17万円。これはハッキリ言うと、条件さえ整えば可能かと思います。内訳は以下のようになるかと思います。

推奨する生活費の内訳(家賃は4万円くらいまで)

  • 家賃:40000円
  • 食費:30000円
  • 光熱費:10000円
  • 雑費(日用品代他):10000円
  • 通信費(光料金+スマホ代):8000円
  • 軽自動車維持費:25000円
  • 合計:123000円(残り47000円)

家賃が4万円だったとしてこの金額が掛かります。車の維持費と生活費を払って最後に47000円残るのであればやっていけるはずです。貯金もできるし、おこずかいも捻出できます。

最後にこの位残ってようやく一人暮らしは充実したものとなるはずです。

家賃が5万円以上の場合

5万円ならば133000円。(残りの金額37000円)
6万円ならば143000円。(残りの金額27000円)
7万円ならば153000円。(残りの金額17000円)※ほぼ不可能

ブログ内で何度も書いている一人暮らしの突然の出費の事を考えれば、家賃7万円のケースは非現実的かなと思います。

一人暮らし初心者なら食費、光熱費などを設定した金額内に完全に抑える事はかなり大変な事です。理論上は全然いけるけど、実際一人暮らししてみたらやりくりが大変で気づいたら自由に使えるお金が全く無くなったという事は実際結構ありますので本当に注意をお願いします。

手取り18万円で軽自動車の維持は可能?

一人暮らしで手取り18万円で軽自動車を維持する場合の例です。手取り17万円の時と比べてそのまま1万円何かのコストを上げても大丈夫というイメージです。

推奨する生活費の内訳例(家賃は5万円くらいまで)

  • 家賃:50000円
  • 食費:30000円
  • 光熱費:10000円
  • 雑費(日用品代他):10000円
  • 通信費(光料金+スマホ代):8000円
  • 軽自動車維持費:25000円
  • 合計:133000円(残り47000円)

家賃が6万円以上の場合

6万円ならば143000円。(残りの金額37000円)
7万円ならば153000円。(残りの金額27000円)
8万円ならば163000円。(残りの金額17000円)※ほぼ不可能

手取り19万円で軽自動車の維持は可能?

一人暮らしで手取り19万円で軽自動車を維持する場合の例です。手取り18万円の時と比べて、更に1万円何かのコストを上げても大丈夫です。

推奨する生活費の内訳例(家賃は6万円くらいまで)

  • 家賃:60000円
  • 食費:30000円
  • 光熱費:10000円
  • 雑費(日用品代他):10000円
  • 通信費(光料金+スマホ代):8000円
  • 軽自動車維持費:25000円
  • 合計:143000円(残り47000円)

家賃が7万円以上の場合

7万円ならば153000円。(残りの金額37000円)
8万円ならば163000円。(残りの金額27000円)
9万円ならば173000円。(残りの金額17000円)※ほぼ不可能

手取り20万円で軽自動車の維持は可能?

一人暮らしで手取り20万円で軽自動車を維持する場合の例です。

手取りで20万円あれば、軽自動車は問題ないレベルで維持できると思います。実際私がそう感じます。

ただし、これでも以下の条件に当てはまると無理な場合があります。以下の条件に当てはまるのであれば確実な計算をしてから軽自動車の所有をお考え下さい。

  • 家賃が余りにも高い
  • 駐車場代が高い(1万円以上など)
  • 通勤距離が余りにも遠く、ガソリン代が掛かってしまう

推奨する生活費の内訳例(家賃は7万円くらいまで)

  • 家賃:70000円
  • 食費:30000円
  • 光熱費:10000円
  • 雑費(日用品代他):10000円
  • 通信費(光料金+スマホ代):8000円
  • 軽自動車維持費:25000円
  • 合計:153000円(残り47000円)

家賃が8万円以上の場合

8万円ならば163000円。(残りの金額37000円)
9万円ならば173000円。(残りの金額27000円)
10万円ならば183000円。(残りの金額17000円)※ほぼ不可能

一人暮らしで軽自動車を所有する時の流れと注意点

一人暮らしで軽自動車を所有して維持していきたいのならば、以下の流れを守ってください。

  1. 自分の場合の軽自動車の維持費を計算する。(→私のケースの軽自動車の維持費を説明しているので、これを参考にどのくらいになるか計算してみて下さい)
  2. 一人暮らしの生活費(家賃・食費・光熱費・雑費・通信費)を計算。(→まだ一人暮らししていないのであれば自分の場合いくらになるか計算してください。参考:一人暮らしの生活費を想定する)
  3. 1と2の合計を出す。

手取りから合計を引いて残り2万円を切るようであればほぼ不可能と思った方が良いです。これは私の一人暮らしの体験によります。

しつこいようですが、想定し、設定した金額をオーバーするなんてことはザラですし、想定してない突然の出費は必ず発生します。病気やケガをしないなんて保証はありません。

残った金額が3万円以上であれば取りあえず理論上は可能ですが、出来れば5万円くらい残れば充実した一人暮らしと感じるはずです。

車のある一人暮らしは本当に楽しいですが、車が有る為に自由に使えるお金がお金が無くなって楽しくないというのであれば本末転倒です。車を購入する前に確実に計算する事をおすすめいたします。

※大手賃貸ポータルサイトに載っている物件でもキャッシュバック賃貸を経由するだけでキャッシュバックが受けられます。現時点で1番おすすめです。

月収20万円以下で一人暮らしする方法をまとめています。
→一人暮らし開始までの全手順


生活費想定方法
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました