【超簡単】一人暮らしの家計管理方法【家計簿必要無し!】

コツ

一人暮らしのやりくりは結構大変です。

  • 今月はあと何の支払いが残っていてあといくら使っても大丈夫なのか?
  • 来月カードの請求はいくら来るのか?
  • 数か月後に○○の支払いが来るので貯めておかなければならない…

など。

特にあといくら使っても大丈夫なのかを簡単に把握するのって結構大変です。特にクレジットカードを使った場合。

カードの請求は翌月にくるのでその分をどうやって管理しておけばいいのか?

この記事では、超簡単に一人暮らしの支払いを管理する方法を書きます。最低限これだけしておけば、今月の支払いを忘れた、お金を使い過ぎて来月のカードの請求が払えないなんて事は無くなります。また、数カ月ごとにまとめてくる請求(水道代、住民税など)に困る事も無くなります。家計簿は必要ありません

  • 今月いくら使っていいのか完全に分かるようになる
  • まとめてくる請求(例:水道代、各種税金など)に対応できるようになる
  • カードの請求に困らなくなる

ステップ1:銀行口座を3つ用意

まず銀行口座を3つ用意します。

  • ①給料振り込み用
  • ②口座引き落とし用
  • ③自由に使っていいお金&貯金用

銀行口座は3つ用意します。最悪①と②は同じ口座でもいいですが、できれば分けたいです。ちなみに私は、

  • ①給料振り込み用→新生銀行
  • ②口座引き落とし用→三菱UFJ銀行
  • ③自由に使っていいお金&貯金用→住信SBIネット銀行

にしています。

一番重要なのは③の口座です。条件があって、

  1. 自由に使っていいお金
  2. カード使用分
  3. 各種税金・まとめ払い用
  4. 貯金
  5. 車用貯金

などのように、同一口座内で使用目的ごとに資産を分けられる口座となります。おすすめなのは、住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行、Sony銀行です。

ステップ2:出費項目リストを作成

口座を用意できたら出費項目リストを作成します。毎月の出費です。このリストはどんなもので作成しても構いません。

windowsのメモ帖、付箋でも、iphoneのリマインダー、メモアプリでも何でも大丈夫です。具体的に以下のようにリストを作成します。

初期の出費項目リスト

—–口座引き落とし分—–
家賃 40000
ガス 5000
スマホ
カード
—–コンビニ払い分—–
電気
光料金 5000
水道
住民 10000
健康 14000
スマホ料金やカード料金など、空欄の場所は実際に請求金額が分かった時点で入力します。

出費項目リストに今月の出費を入力

—–口座引き落とし分—–
家賃 40000
ガス 5000
スマホ 2300
カード 12000
—–コンビニ払い分—–
電気 3000
光料金 5000
水道 5000
住民 10000
健康 14000
入力が終わったら合計を計算します。

合計を計算して入力

—–口座引き落とし分—–計59300
家賃 40000
ガス 5000
スマホ 2300
カード 12000
—–コンビニ払い分—–計53000
電気 3000
光料金 5000
水道 5000
住民 10000
健康 14000
国民年金16000
このような感じで今月の出費の合計が完全に分かりました。次は実際にお金の口座移動と、支払い作業に入ります。

ステップ3:口座移動&支払い作業

まず、現時点で給料が①給料振り込み用口座にあるので、そこから②引き落とし用と③自由に使えるお金用口座に移動させます。

口座移動

  1. 給料振り込み用口座→引き落とし用口座へ59300円の入金。
  2. 給料振り込み用口座→残金を自由に使えるお金用口座へ入金。

この時点で給料振り込み用口座は0円、口座引き落とし用口座には59300円、自由に使えるお金口座には残金という形になりました。

支払い作業

自由に使えるお金口座からコンビニ払い用のお金を引きだし、コンビニ払いの請求を済ませます(53000円)。

ステップ4:口座振替

残金が自由に使えるお金口座に残ってるので、そのお金を目的別口座に振替します。

例をもう一度出すと、

  1. 自由に使っていいお金
  2. カード使用分
  3. 各種税金・まとめ払い用
  4. 貯金
  5. 車用貯金

1の自由に使っていいお金から2、3、4、5に振替します。これは5は車を所有していなければ必要ありません。また、何か目的があって特別に貯金していきたい人などがいれば、【特別貯金】などのように項目を作成してください。

ここで重要なのが、2のカード使用分と、3の各種税金・まとめ払い用です。

2のカード使用分には、日々の買い物でカードを使用したら、その都度この【カード使用分】に振替します。(来月の給料で支払うのではなく、今の所持金で支払う)

3の各種税金・まとめ払い用は、まとめてくる支払いの平均を出して毎月振替します。例えば3か月ごとに3万円の住民税の支払いがあるなら、毎月1万円ずつ振替します。いざ実際に支払いの月になったら、この各種税金・まとめ払い用から自由に使えるお金用に振替(2万円)して3万円支払います。

こうしておけば、カード支払いに困る事もなくなるし、まとめてくる支払いに完全対応できます。

ステップ5:リストにチェックする

引き落とし用口座に入金、コンビニ支払いも完了したら、最後にリストにチェックを入れておきます。チェック記号が無いなら特定のアルファベットでも大丈夫です(私はgoodのgを入力してます)。

—–口座引き落とし分—–計59300g
家賃 40000g
ガス 5000g
スマホ 2300g
カード 12000g
—–コンビニ払い分—–計53000g
電気 3000g
光料金 5000g
水道 5000g
住民 10000g
健康 14000g
国民年金16000g

※住民税など、まとめ払いの月で無かった時は、まとめ払い用に振替が完了した時点でgです。

こうして最終的に③の口座の中の、【自由に使っていいお金】が本当の意味で自由に使えるお金です。

留意事項

  • 各項目の名称は好きなように変更してください。
  • コンビニ支払いのお金をATMから降ろすタイミングは手数料の問題があるので、各自で判断してください。
  • 口座を3つ作るのが面倒な場合は、1と2は同じ口座でも大丈夫です。
  • クレジットカード使用分を毎回振り返るのが面倒な時は、以下のようにリストに記入してある程度まとめて振替しても大丈夫です。
  • amazon 3000円
  • ホームセンターでの買い物 2000円
  • ガソリン代 2000円など

 

まとめ

これだけしておけば、クレジットカードの請求に驚くことは無くなります。まとめ払いの請求がきついという事も無くなります。

多分これが一番簡単な方法と思われるので、良かったら採用してみて下さい。


【月収20万以下】

ローコストで一人暮らしする方法をまとめています。→一人暮らしの全手順

コツ
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました