時間が無い社会人におすすめの筋トレアイテム5個【初心者編】

社会人で家で筋トレがしたいけど、時間が無い。そもそも、何から買えばいいのか?ダンベル?バーベル?チューブ?各部位に特化したコアな筋トレ用具?

色々迷う所だと思うので、時間が無い社会人におすすめの筋トレ用具を紹介します。

家トレをする場合は、まずこれを買いたい!というアイテム5選です。

ちなみに私は初心者の頃、このおすすめレベルの順番に購入していきトレーニングをしていました。今ではベンチプレス100キロを挙げられるようになっています。ダンベルフライは片方40キロでしています。

おすすめレベル5:ダンベル

まずはダンベルです。ベンチがなくてもとりあえずダンベルだけあれば色々な部位が鍛えられます。重さは完全な初心者ならプレートで重さを調節できるタイプのダンベルで、20キロくらいの物を買えば十分です。

実際私も社会人になり、一人暮らしを開始した直後に、このマックス20キロのダンベルを2つ買いました。2つ買ったのはダンベルベンチプレスや、ダンベルフライをする為です。また、2つあれば、1つは15キロでアームカール用、一つは10キロでサイドレイズ用…などと、いちいちプレートを替える必要が無くなるので、効率的です。

ただ、どうしても予算的に1つしか買えないのであれば、1つでも十分です。ただ、その際は絶対にプレートタイプの重さが変えられるダンベルを買いましょう。

おすすめレベル4:トレーニングベンチ

時間が無い社会人筋トレ初心者に圧倒的におすすめな種目はダンベルフライ、ダンベルベンチプレスです。大胸筋と三頭筋を両方合わせて効率的に鍛えられます。

社会人はとにかく時間が無いので1つの種目で複数の部位を強力に鍛えられるこの2つの種目がすごくおすすめです。

これをする為にはトレーニングベンチが必須です。これだけでなく、コンセントレーションカールなど、座りながらダンベルを使って鍛える種目もできるようになります。

フラットベンチにするべき?インクラインベンチにするべき?

トレーニング用ベンチと言っても様々な物があります。ザックリ言うと角度が変えられる物(インクラインベンチ)と角度が変えられない物(フラットベンチ)に分けられます。

もっと細かく言うと、頭の高さを身体より下げられる物など色々な物があるのですが、初心者の場合は、フラットベンチかインクラインベンチの2択で問題ないと思います。

結論から言うと、家トレはフラットベンチだけで十分だと思います。ちなみに私は完全初心者だった頃、この2つで迷い、角度を変えられるインクラインベンチの方を購入したのですが、結局フラット状態のままで使用する事の方が圧倒的に多かったです。

それに一人暮らし社会人はものすごく時間が無いので、毎回細かくベンチを調整して筋トレをするという時間さえ惜しく感じます。

なのでフラットベンチで出来る種目を徹底的に極めて、それで物足りなくなったらジムに行く、もしくはもう1つトレーニングベンチを購入するという選択がおすすめです。

フラットベンチはその安さも魅力です!また、フラットベンチの方が角度を変えられるインクラインベンチよりも安定感がはるかにあります。実際私の持っているインクラインベンチは重めのダンベルを持って仰向けになった時に金具の部分が一瞬ガクッとなります。安いインクラインベンチだとこのような安定感の無さが気になってトレーニングに集中できなくなる可能性もあります。

ちなみですが、私はおよそ8畳ほどの部屋にトレーニング用ベンチが2つありますが、そこまで邪魔には感じません。という訳で最終的に2つ目を購入しても問題ないので、まず最初に購入するのはフラットベンチで十分です。

おすすめレベル3:ハンドグリッパー

ハンドグリッパーは握力を鍛える専用の器具です。握りこんでカチカチやるあれです。私も実際初期の頃に購入して鍛えていたのですが、握力を鍛えると他の筋トレをする時のパフォーマンスが上がります。だからこそ握力を鍛えるハンドグリッパーは非常におすすめです。

例えば筋トレの基本中の基本、ダンベルを使ったアームカールをする時。握力が無い場合だと手首が倒れてしっかりと握りこめません。

ダンベルフライやダンベルプレスでも同じことです。ダンベルをトップに挙げた時に握力が無いと非常に不安定になり物凄く危険です。

ダンベルの重量に負けないような最低限の握力は絶対に必要です。その握力を手に入れる為にハンドグリッパーを購入しときましょう。

私はCOCという強めのハンドグリッパーを購入してトレーニングしてますが、これを結構やりこむと握力そのものだけでなく、前腕や二頭筋、背中の筋肉まで使っているのが感じられます。つまりハンドグリッパーはやり込めば、こういった部位の筋肉まで鍛えられます。

先ほど握力が無いと重いダンベルを扱った時に危険といいましたが、安定感を得る為には前腕の筋肉も絶対に必要です。

また、ハンドグリッパーのトレーニングは本当にどこでも気軽にできるので時間が無い社会人には特におすすめです。それこそ、YouTubeを観ながら、寝る前に少し、車の中に置いておいて待機時間に…など、いつでもどこでもトレーニングできます。一個あっても無駄になりません。おすすめです。

おすすめレベル2:EZバー&プレート

EZバーとは波を打ったような形状のバーの事です。ベンチプレスをする時のバーは完全に真っすぐですが、EZバーはバー自体に角度が付いているので特定の種目をした時に持ちやすいのです。例えばバーベルカール。

ストレートバーでやるよりもEZバーでやったほうが、二頭筋が気持ち内側に向くのでより効きます。それに純粋にストレートバーよりも短いので扱いやすいというのも大きなメリットです。ホームトレーニングではストレートバーよりもEZバーを購入してのトレーニングがおすすめです。

プレートの重さは?何枚プレートを買うべき?

今私の部屋にあるEZバーには2.5キロのプレートが全部で4枚ついています。バーの重さを除くとプレートだけで10キロです。EZバーのトレーニングは両腕でやるものなのでこれだけみると軽めの重量のようですが、初心者であるならばこれくらいでも十分だと思います。これでバーベルカールや、肩を鍛えるアップライトロウ、バーベルカールと違って上からバーを握るリバースカールで前腕までも鍛えられます。

特にこのリバースカールは本当におすすめです!前腕と二頭筋への効き具合が物凄いです。EZバーを買ったなら是非やってみてください。

おすすめレベル1:トレーニングチューブ

トレーニングチューブはこれ1つで背中や腕、脚までも鍛えられます。特にホームトレーニングでは脚トレが疎かになりがちです。

なので脚トレまでできるトレーニングチューブはワンセットあっても無駄になる事はありません。ダンベルと違って強度を変える時にチューブを弱いものから強いものに持ち変えるだけでいいというのもメリットです。

社会人は時間がないのでそういった意味でも非常におすすめの筋トレアイテムです。

まとめ:雑記

社会人って本当に時間が有りませんよね。残業が多い会社などに勤めていれば、より筋トレなどに費やす時間は無くなってきます。

ただ、ゼロと1は全く違うので毎日1種目でもやるという気持ちが大切です。何もやらないというのは後退する事だと肌で感じています。

上記で紹介したおすすめの筋トレ道具を使って筋トレに挑戦してみて下さい。お互い頑張りましょう!


【月収20万以下で一人暮らししたい人用】

月収20万円以下で一人暮らしする方法をまとめています。(主にパートアルバイト派遣の人向け)
→一人暮らし開始までの全手順

社会人の筋トレ
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました