これで一人暮らしの生活費を年間○万円節約する!食費だけで月1万円以上!

節約のコツ 節約

この記事では私が実践してる生活費の節約方法について書きます。一人暮らし初心者だった私はこれらの節約をしていなかったので、年間10万円以上の損をしていました。


一人暮らしの生活費はどんなものがある?

一人暮らしの生活費にはどんなものがあるでしょうか?

  • 家賃(節約不可)
  • 食費(目安2万円~5万円、自炊の場合)
  • 電気代(目安3千円~)
  • 水道代(目安2千円~)
  • ガス代(目安3千円~)
  • 雑費(目安5千円~、日用品など)

生活そのものにかかる費用、生活費はこのようなものが代表です。この中で家賃だけは節約する事ができません。基本的に一度入居したらずっと変わらない出費となります。なので節約をしたいのであれば他の項目をいかに抑えるかを考える必要があります。

食費を節約する(一番節約幅が大きい)

家賃を除いた生活費の中で一番大きいものがこの食費です。食費よりも光熱費が多くなることはまずありませんし、雑費についても同様です。なので生活費を安く収めたいのであればこの食費に対して最大限の意識を持つことが重要です。節約の頑張り次第で月1万円位の差が出る事は普通にあります。

自炊をするのは必須

食費を浮かす基本中の基本。自炊です。他の記事でも書きましたが、自炊すれば一食200円でカレーが食べられたりします。外食中心の生活と自炊中心の生活では月数万円の差が出る事は確実です。食費を極力浮かしたいのであれば、自炊は必須と考えましょう。

安いスーパーを探す

同じ地域なら値段も同じくらいだろうと思っていると大きな損をすることになります。同じ地域だったとしても、駅前の土地が高いところのスーパーだったりすると商品価格がすごく高い場合があります。逆に安いスーパーだとビックリするくらいの値段だったりします。一人暮らし初心者なら一人暮らし開始後に近所のスーパーを見て回る事は必須です。どこが安いのか、何が安いスーパーなのかを早めの段階で把握しましょう。

そのスーパーで何回か買い物すれば安いのかどうかは分かってくる事ですが、初めて訪れた時に安いのかどうかおおまかに判断する方法があります。それは、どのスーパーでも売っていて、値段の変動が少ない商品を見比べる事です。例えば、

  • 鶏肉(ささみ、胸肉など)
  • にんじん

特にこの2つは値段を見比べる時に参考にしてほしい2つです。経験上、この2つが安いスーパーは、全商品通して安い事が多いです。

私の近所のスーパーでは、鳥むね肉1キロ600円の所と、600グラムで600円の所があります。同じ金額でも、作れる量に凄い差が生まれます。多めに作った料理は冷凍して、お弁当用にすれば無駄になる事はありません。

料理は必ず多めに作る癖を作る

一人暮らしの夕食だから一人分を作る。のではなく、必ず多めに作りましょう。多めに作ってタッパーなどに入れて冷凍しておきます。これはお弁当用にもできるし、何日か後の朝食や夕食にも使用できます。

だからこそ一人暮らし用の鍋とフランパンは大きいものの方がいいんですよね。私もある時から大き目サイズの鍋とフライパンを購入して料理を多めに作るのを習慣にしました。結果、冷凍室に料理が保存されるようになり、食費の節約につながっています。

買った食材を無駄にしない献立にする

これも相当重要なポイント。

例えばカレーを作るには、カレールー、肉、玉ねぎ、人参、じゃがいもが必要です。この時、玉ねぎ、人参、じゃがいもなど、どうしても余る食材が出てきます。この余った食材たちですが、しっかりと意識しておかないと無駄になってしまう事が多いです。この無駄こそが節約の大敵です。

余った食材を有効に活用する為に、材料を買う時点で余りそうな物を想定して、次の料理に活用できるようにします。

例えば、玉ねぎと人参は焼きそばの材料になるのでカレーと同時に焼きそばの麺も買っておこう…というようにです。こうして1日目はカレー、2日目は焼きそばというようにしておけば食材が無駄になる事はありません。スーパーで買う時、闇雲にカゴに食べたい物を入れるのではなく、こういう意識を持っておくと食費の節約に確実につながります。

他にも例えば、豚肉が安かったので大量に購入→1日目は豚しゃぶ→2日目は豚キムチ…など、極力無駄のない献立を考えるようにしましょう!それでも料理に使い切れずに腐ってしまいそうな時は、

  • 茹でて食べる
  • レンジで調理して食べる

こうして食べてしまいましょう。特に人参はビタミンが豊富で捨てるなんてもったいないです。こうして茹でたりレンジで調理するだけの物を普段の食事の際に一皿追加する習慣を持っていてもいいと思います。そうでなければ、

  • 一人暮らしの最強の料理、チャーハン

にして食べましょう。スーパーで買う日まで綺麗に冷蔵庫が空になっているか。これを意識するようにすると、いつのまにか食費の節約になっているはずです。

特売やタイムセール品を活用

閉店間際はタイムセールで通常の値段の半額になったりします。例えば、肉類や鮮魚類など。これらを有効に活用するために、食材を元に料理を作るという方法があります。

普通今日何を食べようか決めてからスーパーでその食材を買うと思いますが、それの逆です。安くなっている商品をもとに料理を決めます。

■例えばひき肉が半額になっていた場合

  • 麻婆茄子
  • ハンバーグ
  • キーマカレー
  • ミートソース

など、食材を見てから料理を考えます。これは作れる料理のレパートリーが少ないと結構大変ですが、Cook Do®など即席で作れるものもあるので一人暮らし初心者の方は活用してください。

食費の節約幅はものすごくデカい!

食材1品だけなら数百円の違いです。しかし、スーパー1回の買い物で3000円買うと決めているならその3000円で買える食材の量が全く違う事になります。高いスーパーで3000円で買い切れなかったために4000円分買ったとします。それを月に8回買い物をするとしたら、月8000円もの差が出る事になります。

生活費を節約しようと思ったらとにかく食費を浮かす方法を考えましょう。

食費節約のまとめ

一番はやはり安いスーパーを探すことに尽きます。下手な買い物と高いスーパーだった場合、年間10万円を超える損が出る事も普通にあると思います。実際一人暮らしを始めた当初の私は意識しないで高いスーパーで買い物していて相当な食費になってしまっていました。食費は生活費節約の中で一番重要なので、絶対に注意しましょう。

電気代を節約する

電気代は食費に比べれば大した金額ではありません。しかし、全く気にしていないとビックリするくらいの金額が請求される可能性があるのがこの電気代です。

エアコンを極力使わない

おそらく電気代の中でもっとも高いのがエアコン代。ちょっと型式が古かったりすると更に電気代が高くつきます。私の普段の電気代は4000円か高くても5000円くらいなのですが、一人暮らし初期の頃全く考えもしないでエアコンを使っていたため、9000円近い請求がきてしまった事があります。こうならない為にも、

  • 扇風機、サーキュレーター
  • 電気毛布、その他暖房器具

を活用しましょう。これらはエアコンを使うよりずっと経済的です。

省エネタップを利用する

延長コードにボタンが付いていて使わないものはパチパチやって消せるやつです。ハッキリ言ってこれを利用する事による節約金額は微々たるものだと思います。しかし、

  • 習慣を付けることで、あらゆる物に対して節約癖ができる
  • 熱を使う家電の切り忘れ防止

というメリットもあります。私の場合、電子レンジ、IHクッキングヒーター、炊飯器などの調理家電類にはこの省エネタップを利用しています。

一番怖いのが、料理の空焚き。使い終わったら常に省エネタップで消すという習慣を身に付けて置けば、空焚きの心配はありません。(IHには空焚き防止機能が付いているものがほとんどですが、万が一を考えています。)

水道代、ガス代を節約する

水道代に関しては、生活スタイルが一番重要になってきます。お風呂に入るのか、それともシャワー生活なのかです。水道料金の請求はお住いの自治体に寄るのでまちまちなのですが、多くの場合、基本料金プラス従量料金というシステムだと思います。

東京都水道局の例を挙げてみます。

使用水量1m3ごとの単価
1~5m30円
6~10m322円
11~20m3128円
21~30m3163円
31~50m3202円
51~100m3213円
101~200m3298円

基本料金はその建物に対して一定です。重要なのは使った分に対しての従量料金。

11~20m3使うと1m3ごとに128円ですが、31~50m3使ったら202円です。シャワーだけの生活だった人がある時から、お風呂生活に変更したらちょっとビックリする金額がくるかもしれません。

水道代はある量を超えた瞬間から急に高くなるというのを覚えておいてください。節約したいのであれば、一番水を使う入浴のスタイルを変更する位しかないと思います。入浴するのであれば、追い炊きを利用するなどの節約が必要かもしれません。または、半身浴にするなどの方法もあります。

ガス代も入浴と密接に関係しています。お湯を沸かす時に使うものなので、入浴の回数と時間が増えれば増えるほどガス代も増えます。

一人暮らし初心者にありがちなのが、軽く手を洗ったり、顔を洗う時にもお湯を使ってしまう事。真冬なら仕方ないですが、ちょっと寒いだけでこうしてしまうとガス代が凄いことになります。私も初期の頃やってしまっていました。

水道代もガス代も使う量を少なくする以外に節約の方法はありません。そこで最終兵器として節水シャワーヘッドというものがあります。中には50パーセント節水可能なシャワーヘッドもあるようです。どうしても水道代ガス代を節約したいのであれば購入を検討してみましょう。

雑費(日用品)を節約する

日用品を買うのにスーパーはおすすめしません。食材が安いからといって日用品まで安いスーパーはめったにありません。多くの場合、ドラッグストア、ホームセンターの方が安いです。なので、食材と一緒に買えばいいと考えるのではなく、給料が入ったらその月に無くなりそう(補充が必要)な日用品をまとめて安い場所で買ってしまいます。Amazonなどのネット通販も相当安いです。

十分残っている状態でも、買って無駄になる事はありません。洗剤などは生活を続けていれば無限に必要になってくるものなので、極端な話、1年分まとめ買いしてしまっても無駄になりません。

一人暮らしのテクニックとして、ちょっと余ったお金をこうした消耗品に変えてしまうというのがあります。貯金だと気が緩んで使ってしまう可能性もありますが、こうすればその心配はありません。実質貯金をしているのと同じような効果を生みます。

一人暮らしの節約まとめ

小さな積み重ねをコツコツする事で年間数万円の節約になります。食費に関してはそれ以上です。私は節約は頑張ったたおかげで1年で数万円のボーナスが入ってくるものと考えています。何も考えないで生活するのとでは大変な差が出てきます。ちょっとだけで良いので意識してみてください。


【月収20万以下で一人暮らししたい人用】

月収20万円以下で一人暮らしする方法をまとめています。(主にパートアルバイト派遣の人向け)
→一人暮らし開始までの全手順

節約
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました