実家暮らしの最大のストレス5つ

実家暮らしのストレス 雑記

一人暮らしになってから、実家暮らしのストレスから完全に解放されました。実家暮らしは私にとっては本当に有り得ないものだったので、同じように実家でストレスを感じているという人は参考にしてみてください。

一人暮らしすると、これらが解消されます

ストレス1:自分のペースで生活できない

一人暮らしは行動を一切制限されることがありません。その名の通り、家には自分1人しかいないので、誰にも一切気を使う事無く、生活する事ができます

極端な話、夜9時にラーメンが食べたくなってラーメン屋に食べに行く事だってできるようになります。こういった行動ができるという事が完全に自由な生活という事です。

その点実家暮らしは、家族とペースを合わせながら生活する事になります。一番大きいのは食事の時間です。家族と食事の時間を合わせることになるので、常に頭の中に【食事の時間】がある事になります。その時間は決して自分の理想の時間では無く、家族の理想の時間です。

ストレス2:親と同一の食事メニューを食べる事になる

親との年齢差が20歳以上あるとして、その人達と同じ食べ物を食べる事になります。自分だけ違うメニューを食べる家庭などありません。

そのメニューも与えられたものかもしくは、家族(親)に合わせたものですが、これが私にはストレスでした。20歳以上年齢差がある人間の食べる物が同一であるのは不自然だと何となく感じていました。

この不自然な食生活(自分の望んでいない食生活)を続けるとどうなるかと言うと、身体が強くなりません。一人暮らしを続けてみて本当に感じるのは、自分が食べたいと思う物を食べるのが一番体に良いと言う事です。

一人暮らしを始めて自分が食べたい物を食べ続けた結果、風邪も一切引かなくなったし、ベンチプレスでも100キロ以上挙げられるようになりました。

これが実家暮らしだったら、間違いなく逆の結果になっていたという自覚があります。

ストレス3:全てに集中できない

実家暮らしは全ての事にに完全集中する事ができません。

『呼ばれるかもしれない』という思いが常にあるので、物事に完全集中する事などできません。私は筋トレ中や、映画観賞中に絶対に人に呼ばれたくないので、一人暮らしを始めました。

また、これは睡眠に関しても言えます。

一人暮らしを始めたら睡眠の時間が以前より格段に楽しく感じるようになりました。これは私の家庭環境があまり良くなかったという点が大きいのですが、今現在睡眠が楽しく感じないという人は一人暮らしをしてみると劇的な変化を感じるかもしれません。

良質な睡眠を得られるようになると、次のような変化が生まれます。

  • 日中の行動量が増える。
  • 行動量が増えるので、更によく眠れるという好循環。

私も昔、睡眠が一切楽しくない状態がありましたが、今では睡眠の時間がほとんど趣味と言ってもいいくらいです。睡眠が楽しく感じているかどうかと言うのは、人生において非常に大きなポイントだと思います。もし楽しく感じていないのであれば、環境を変えてみる事をおすすめします。

私がそうだったように、絶対に何か変化が生まれるはずです。

ストレス4:自分1人で生きているという感覚になれない

実家暮らしだった頃は、どうしても親に食べさせてもらっているという感覚が有り、それがストレスでした。仕事もキッチリして、家にお金を入れているんだから自立している…と思いたかったのですが、何故かなれませんでした

何故なれなかったのか、一人暮らしをしてみて分かりました。

それは親に時間も貰っていたからです。

一人暮らしは実家暮らしに比べて時間を圧倒的に消耗します。家事の時間や、買い出しの時間、家計管理の時間。収入に対して支出はどうかという事を常に計算しながら生活していくのですが、実家の時はこれがありません。

時間=お金です。

なので一人暮らしの生活費が10万円だとするならそれを親に渡すだけでは一人暮らしと同一になった事になりません。時間を与えてもらっている分、その分のお金を渡さないと一人暮らしと同等にならないのです。

親に色々やってもらっているという事は親から時間(お金)を貰っているのと同じ事だと、一人暮らしを始めてから思いました。

自分は心のどこかで自立していないと思っていた原因はこれです。

ストレス5:親に依存する事になる

実家暮らしを続けていると当然親に依存する事になります。この依存状態を続けているとある問題が発生します。

それは親の死を受け入れられない人間になるという事です。

実家暮らしで親と生活していた時、私は親が居なくなる事など考えられませんでした。有り得ない事と心の中で思っていました。

つまり、実家が嫌だと思いつつも、私自身親に依存していたという事です。しかし一人暮らしを続けると親への依存が無くなるので居なくなる事を受け入れられるようになります

これこそが自立しているかどうかの境目だと思います。親が居なくなっても精神的に耐えられるかどうかということです。

現在の私は今すぐにでも両親が居なくなったとしても、前向きな気持ちで居られる精神状態にあります。と言うよりも、一人暮らしは前向きな精神状態でなければ生きていけないので必然的にそうなると言った方がいいかもしれません。

ただ、結局人間は何かに依存して生きていく生き物です。私の場合も依存の対象が変わっただけです。何に変わったかと言うと、

親→社会です。

依存の対象が親から社会になった。結局何かに依存しているので同じかと思われるかもしれませんが、大きな違いが有ります。それは社会は無くならないという事です。決して無くならない物に依存する事は悪い事ではないと思います。

無くなるであろう物に依存すると心のどこかに不安を抱える事になります。不安を抱えるとそれは弱さに繋がるので絶対に良い事ではありません。

一人暮らしにストレスは無いのか?

実家暮らしのストレスばかり挙げましたが、では一人暮らしにストレスは無いのか?という事ですが、実はあります。

しかし、もう実家暮らしには戻れないという気持ちが全てを表しています。

一人暮らしにもストレスはありますが、生きてい上で本来あるストレスなのでそこまで苦痛に感じていません。

上で述べたように、一人暮らしは実家暮らしに比べて圧倒的に自由時間が無くなりますが、私の場合は親に時間を与えられているという事に対してのストレスの方が強かったです。

食事を作る時間も洗濯の時間も本来あるべきものなのですから、ストレスと感じる方がおかしいはずです。

実家暮らしにストレスを感じていて今すぐ家を出たい時は?

上記のような実家暮らしへの不満があったので、私は結果的に一人暮らしを始めました。しかし、当時はお金も全く無く、どうやって一人暮らしをすればいいのかも全く分かりませんでした。

同じように、今すぐ家を出たいけどどうすればいいのか分からないという人は別記事を参考にしてください。

一人暮らしは無計画に始めると絶対に後悔します。それだけは忘れずにお願いします。

今すぐ家を出たい時はどうすればいいのか?【→実際に私はこうしました。】
今すぐ家を出たい。しかし、お金が無い。どうすればいいのかも分からない。そんな時の対処方法。
スポンサーリンク
雑記
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました