バック駐車の仕方のコツを画像で解説【ペーパードライバー用】

駐車完了2 ペーパードライバー克服

ペーパードライバーの時に一番知りたかったバック駐車の方法。何が問題だったかと言うと、イメージが全く沸かないっていう事。

駐車したい場所のどこどこに肩が来たらハンドルを切って…とか説明してあるサイトがあったのですが、結構アバウトで分かりにくかったのです。

そこで今回は過去の私と同じペーパードライバーの人の為に、バック駐車の仕方のコツを画像付きで説明します。極力イメージが沸きやすいように細かいコツも交えながら解説していきます。

ペーパードライバーの人だけでなく、普通に初心者マークの人にも参考になると思います。

今現在の私は結構な確率で切り返し無しでバック駐車ができるようになっています。

バック駐車の仕方とコツ

駐車ポイントを決める

駐車の仕方1

まず駐車する場所をどこにするのか決めます。今回は3番を駐車する場所と決めます。

駐車したい場所の横に来たらハンドルを切る

駐車の仕方2

駐車したい場所の横に来たらハンドルを切ります。この時、肩がどこどこに来たら切るとか、運転席のシートが横に来たら切るとか色々サイトによって説明が違うのですが、ハッキリ言ってここは大切なポイントではありません。

ここで意識するのは次の段階で車がどうなるかという事です。

車の右後ろ角が目標位置に向かうようにする

車の後部目標駐車位置向かうようにします。この時のコツですが、ミラーだけでなく、リアガラス越し、もしくは直接見て、車のお尻がしっかり目標に向かっているかを確認してください。

駐車の仕方3

最終的に空けるスペースをイメージする

駐車の仕方4

この時の更なるコツですが、最終的に右横に空けるスペースをイメージする事です。この画像のように、緑のスペースを最終的に空けて駐車したいわけです。

空けたいスペースの左上角に車の右後ろ角が行くようにバックする

駐車の仕方5

空けたいスペースの左上角車の右後ろ角が行くように、ゆっくりとバックをします。この時、綺麗に角が合わないと思ったらハンドルを微調整していきます。

駐車の仕方6

画像をズームアップするとこんな感じです。車の右後ろ角が緑のスペースの左上に向かうようにバックします。

ハンドルを切る

駐車の仕方7

車の右後ろ角が、空けたいスペースの左上角に来たらハンドルを切ります。

ここでもすごく重要なコツですが、車の右後ろ角を緑のスペースの左側に沿わせるようにする事です。スペースをイメージして、車の右後ろを沿わせるようにバックしてください。

スペースを綺麗に取りながら駐車完了

駐車の仕方8

こうして最初から開けるスペースをイメージしながらバックすれば、綺麗に駐車が完了します。

ハンドルを切るタイミングを誤ったら?修正の方法

駐車の仕方9

ハンドルを切るタイミングが遅かった場合、このような事になります。

駐車の仕方10

最終的に右横が空きすぎですね。空きすぎ位だったらまだいいのですが、最悪2番に駐車している車がある場合だと、ぶつかってしまう可能性があります。

ハンドルを切るタイミングを誤ったら直後に修正する

駐車の仕方11

この段階で修正します。このままバックすると2番にぶつかってしまう、もしくは右スペースが空きすぎる可能性があるので、前に出て修正を始めます。

一旦前に出る

駐車の仕方12

一旦前に出てください。このまま真っすぐバックしても何も変わらないので、ハンドルを切って微調整をします。

ハンドルを切り、車の中心を目標位置の中心にする

 

駐車の仕方13

ギアをバックに入れて、ほんの少し後退しながら、車の中心目標駐車位置の中心に向かうように、ハンドルを切ります。

車体を真っすぐにしてそのままバックする

駐車の仕方14

 

この段階で、車の中心は目標駐車位置の中心にあります。後は車体を真っすぐにしてバックしていくだけです。今度はスペースを左右均等に空けられるように、右ミラーと左ミラーを丁寧に、交互に見ながらバックします。(左右交互にミラーを見て、均等かどうか確認しながらハンドルを微調整)

後ろのスペースにも気を付けてゆっくり停車する

駐車完了1

左右だけで安心しないで、後ろのスペースにも気を配りましょう。タイヤが足止めにしっかり来るかどうかミラーで確認しながら後退します。後退が終わったらギアをパーキングにしましょう。

駐車完了

駐車完了2

これで駐車完了です。左右綺麗にスペースが取れて駐車できると気持ちいいです。

バック駐車時のハンドル操作のポイント

ペーパードライバーだった時の1番の悩み。バックにしてハンドルをどうきれば車がどう動くのかイメージできない。私はこんなレベルでした。

そんな過去の私と同じような人の為に、バック駐車の時のハンドル操作のポイントを書いておきます。

なぜ初心者はバック駐車が苦手なのか?

ギアをバックに入れた時、ハンドルを右に回せば、車の後ろが右に向かいます。
左に回せば、車の後ろが左に向かいます。

こんな事当たり前のようですが、何故ペーパードライバーのような運転初心者だとイメージできないのか?それは車全体は逆の動きをしているからです。

ギアをバックでハンドルを右に回した時、車の後ろは右に向かいますが、車自体は左回転します。

これが錯覚する最大のポイントです。どこを操作しているのか分かっていないのです。錯覚しない為にはどうすればいいのか?

それはギアをバックに入れた時は、完全に車の後ろの部分だけをイメージする事車全体では無く、車の後部を操作しているとイメージする事です。この点を頭に叩き込んでおけば錯覚する事は無くなるはずです。

とにかくギアをバックに入れた時は、車の後部を操作しているんだと念じながら運転してください。

スマホゲームでイメージトレーニングが可能

他記事でも書きましたが、この問題に対してはアプリで解決するという方法もあります。【駐車の達人】というスマホゲームがあるのですが、これをしばらくやってると感覚的にどう切ればどう動くのか分かるようになります。

私も実際一人で運転する前にプレイしていました。良ければ検索してダウンロードしてみてください。

まとめ

ペーパードライバーにとって最大の悩みの種、バック駐車。最初は不安かと思いますが、これらのポイントを押さえておけば大分違うはずです。できるようになると、不安どころか駐車の瞬間が楽しく感じるようになります。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。WAZAKI

タイトルとURLをコピーしました