一人暮らしでいきなり無職になったらどのくらいやばいか|そうなった時の対策

無職 不安だった事

長い間非正規で一人暮らしをしていたので、一人暮らしでいきなり無職になるという可能性は有り得ました。実際にそういう事態になった事は結局ありませんでしたが、もしそうなったらどんな末路になっていたかを真剣に考えてみたいと思います。


この記事で分かる事もし一人暮らしで無職になったら具体的にどうやばい?無職になったときの為の対策

一人暮らしでいきなり無職になると何がやばいのか

一人暮らしで突然無職になるとなにがまずいのでしょうか?次のような点が挙げられます。

収入が無くなる:食料が無くなる、支払いができなくなる

まず、貯金が無いのであれば食べる物を心配しなければなりません。生きる上で何よりも大切な事は食べる事なのでこれが出来ないというのは最悪の状態です。

次に、収入が無いという事は、色々な支払いが出来なくなるという事を意味しています。一人暮らしの出費は色々ありますが、一番支払いが出来なくなると困るものは家賃です。これを滞納し始めると最悪、強制退去をさせられてしまう可能性が出て来ます。これは一番最悪の結果です。実家の環境が悪くて一人暮らしを始めた人などは帰る場所が無くなりホームレスになり得ます。

また次に滞納したらやばいのがカード支払いです。光熱費なんかの滞納と違って信用情報に関わるので、将来的にローンが組めなくなってしまう恐れがあります。同じ理由でカード料金の滞納もまずいです。

精神的に何もポジティブな事ができなくなる

無職と言う状態は精神にも大きな影響を及ぼします。収入が全く無い状態。支出のみがある生活。

そんな状況で自分の趣味の為にお金を使おうという気になるでしょうか?私は一切なりません。つまり、就職が決まるまで、一切趣味にも食事にもお金が掛けられない状態となります。これはもう全くと言って楽しくない一人暮らし生活です。

無職状態の必死さは悪循環を生む

無職の状態は精神状態が最悪になります。態度や顔つきにも必死さが表れるはずです。その為就職時の面接にもそれが影響し、採用されないなどの結果になります。無職だから必死になる→相手に伝わり採用されない→無職のままという悪循環です。

一人暮らし無職状態の危険を未然に防ぐには?

ではどうすればいいのでしょうか?無職になった時を想定してやっておくべき事は何なのか?

未然に危機を防ぐために貯金しておく

これが一番必要な事です。突然無職になっても最低何か月かは生活できるくらいの貯金はしておくという事です。私も実際非正規で一人暮らししてた時は、貯金を必須の出費扱いにして毎月貯金してました。例え無職になったとしても数か月分の生活費は払える貯金を常に保っていました。

理想はこのように自分の生活費がどの位掛かるのか把握し、最低その数か月分を貯金しておく事です。3か月分くらい貯金があれば、その間に就職先を見つければいいので、余裕が生まれます。

余裕が無くて必死になりすぎると何もいい事がありません。上記のような悪循環を避けるためにも貯金は必ずしておきましょう。

一人暮らし貯金なし状態で無職になった場合の対策

ただ、貯金無し状態で一人暮らし無職になったという人も世の中にはいると思います。貯金しろと言っても毎月本当にギリギリの生活をしていて出来ないという人もいるのでそれは仕方ない事です。

実は私は貯金無し状態で無職になったらどうするか想定して一人暮らしをしていました。そもそも一人暮らしを開始した時点では一切貯金など無く、ギリギリ状態でした。なので貯金無し無職一人暮らし状態になる可能性は十分あり得たのです。

その時どうしようかと思っていたかと言うと、それはもう借金をするという事です。私は色々な記事に書いていますが、経済的ピンチが来た時は借金をしてでも乗り越えると思いながら一人暮らしを始めました。それほど一人暮らしがしたかったし、実家に帰るつもりはありませんでした。

結果的には借金をした事は過去に一度も無いのですが、状況が状況なら一人暮らしでは借金も仕方ないという事です。借金=悪のようなイメージを作ってしまって、結果的にアパートを追い出されたり信用情報に傷が付けてしまう事の方がまずいです。

借金をする時の心構え

とは言うものの、借金もむやみやたらにしないでください。借金をした場合、新たに一人暮らしの毎月の出費項目の中に【借金返済】というものが増えるわけです。返済するまで毎月ずっとです。これを払っていけると確信する額だけしか借りないでください。

今まで貯金が出来なかった人が毎月貯金を強制的にさせられ、そこから取られるイメージです。相当覚悟を決めないと破綻を迎えます。

計画的に借金をして乗り越える方法

借金をした際、乗り越える方法の一つとして、生活費の見直しがあります。これが成功すればほぼ苦労をする事なく借金を返済していく事が可能になります。

例えば私は一人暮らし開始直後からずっとキャリアスマホ(光料金込み)を使っていて月12000円くらいをずっと払っています。これをインターネットを解約して、格安スマホのみに変更するなどすれば、月5000円(最安およそ3000円)以内に収める事ができるわけです。となれば差額7000円が発生します。物凄く大きいですよね?これを毎月借金返済に充てる事ができるので苦労する事は無くなります。

このように、インターネットを利用しているのであれば、借金をした瞬間に解約してスマホのみの生活にするという手もあります。

これができれば就職先が決まるまでの間の生活費を借金しても大丈夫かと思います。もし、私もこういう状況になっていたら絶対にこうしました。

通信費をもう限界に下げているというのであれば、一人暮らしの出費の中で最大に差が出てくる食費を削る努力をするしかありません。3万円を2万5千円になど、5千円程度であるならば努力で可能です。ただこれも2万円を切るような節約はおすすめはできません。一人暮らしは体が資本なので、栄養不足で体を壊してしまったら元も子もありません。

まとめ

やはり一人暮らしではこういったケースに備えて貯金をしていくというのがとても大切です。アルバイト、パートなどの非正規社員であるならば、いきなり無職になり収入が無くなるという可能性も頭に入れておかなければなりません。

ちなみに一人暮らしの支払いには優先順位があります。本当に金銭的に危機的な状況になった時、何から支払って行けばいいのかとか支払いをミスしないコツを別記事に書いています。良ければ参考にしてください。→一人暮らしの支払いの優先順位、支払いを失敗しないコツ

【月収20万以下で一人暮らししたい人用】

月収20万円以下で一人暮らしする方法をまとめています。(主にパートアルバイト派遣の人向け)
→一人暮らし開始までの全手順

無料1.U-NEXT無料トライアル
見放題作品が31日間だけ無料で視聴できます。(※※全ての作品が見放題になるわけではありません。[見放題作品の確認方法]一番左上のu-nextロゴをクリック(タップ)→、トップページに行き、作品名を入力→作品名ページで【見放題】とあれば対象)
不安だった事
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました