月の食費2万円3万円4万円の内訳【一人暮らし用】

どんな物買える? 生活費想定方法

この記事では超具体的に食費の内訳を書いていきます。

食費の設定を2万円・3万円・4万円にしたい時、具体的にスーパーでどのくらい買えるのかとか、どのような食生活になるのかという事を書いていきます。前提として、自炊は必須で、月8回(週2回)スーパーで買い物をするものとします。

農林水産省の食材価格の動向というページで、

  • 卵は1パック213円
  • 鶏もも肉125円
  • 豚ロース261円
  • 輸入牛肉290円
  • 国産牛肉827円

というデータがありました。肉類は100グラム当たりの金額です。これらのデータも参考に考えていきます。

ちなみに鶏ももが125円とありますが、鶏むね、ささみなら100円を切ります。豚こま切れとかも100円を切る店は結構あります。

食費月2万円の内訳:そうとう節約しなければ達成不可

一人暮らしで食費を月2万円に設定していると聞いたら、まず思うのは節約を相当頑張っているんだろうなという事。もしくは凄く小食の人かなと思います。

一人暮らしで食費を2万円にしようとするとどんな生活になるのか。

1回の買い物で2000円使う生活になる

食費月2万円設定は、相当な節約生活をしなければ、達成できません。1回の買い物で2000円を使い、それを月8回します。

2000円×8回=16000円
残りの4000円を補助に使います。

食費補助はお米、パスタ、調味料を買うお金です。

スーパーで2000円使うとどんな物が買えるのか?

冒頭の参考データをみれば分かりますが、まず、国産牛肉などの高い食材が買えません。それを買ってしまうと、1日しか持たなくなります。なので主菜は鶏肉、卵、魚などにします。具体的には、以下の通りとなります。

スーパーで2000円使う時の内訳(例)

  • 肉類、魚を800円分
  • 野菜を500円分
  • 調味料、その他で700円分
その他の項目は卵、牛乳などを買うお金、他の項目で足りない分を補完するお金です。

例を挙げると、このような感じになると思います。主菜である、肉、魚で800円分です。100グラム100円の肉類なら800グラム購入できるので、卵などと併用すれば、3、4日は持たせる事ができると思います。逆に豚ロースでは300グラムしか購入できないので、大分厳しいです。国産牛肉では100グラムも購入できません。なので、普段の買い物では、安い鶏肉、豚肉と卵を中心にした生活になります。特に栄養面を考慮して、卵の併用は必須になってくると思います。また、冒頭で書いたように鶏むねささみ豚こま切れなら安いので、これを中心に上手に自炊ができるならこの食費2万円生活は不可能ではありません。

食費2万円の生活では卵や鶏肉をメインにする必要がある

食費2万円の食生活では高い国産牛肉などを購入する余裕がないので、鶏肉や卵を上手に使って節約自炊生活にする必要が求められます。これが一番重要です。調味料なども毎回購入するのではなく、食補助分の4000円からあらかじめ購入しておき、それを上手く使って自炊ができれば、スーパーで買う肉類、野菜類を増やす事ができます。

注意点:食費2万円を達成する為に必要な事

食費2万円を達成するには上で述べたように、とにかく安いものを購入する必要があります。食費2万円は1000円すらも無駄にできないというイメージで節約を頑張る必要があります。また、1回の買い物で2000円使ってそれを8回すると4000円余ると書きましたが、この4000円もすごく大事。

私が食費2万円を達成しようと思ったらまず、この4000円から一番安い店でお米と調味料を買います。一回使い切りタイプのクックドゥーすらも高いので、醤油や酒みりんや中華スープの元などを買って自炊します。

更にスーパーで毎回買う時も特売品中心に、一切無駄な食材が出ないような買い方をします。こうでもしないと食費2万円を達成するのは不可能だと思います。

食費2万円は一人暮らし初心者には相当厳しい金額です。ある程度料理スキルが無いと無理だし、量もそこまで多く食べられません。どうしてもこの設定にする必要があるというのであれば、覚悟を持って臨みましょう。

食費月3万円の内訳:一人暮らし初心者でもいける

食費3万円は一人暮らし初心者にもおすすめできる食費設定金額です。私も一人暮らしを開始した時、この金額に設定しました。食費3万円がどういうものなのか端的に言うと、節約はそこまで頑張らなくても大丈夫節約を頑張ればちょっとした贅沢な物も食べられるし、この金額内で外食もいけるといった所です。

1回の買い物で3000円使う生活になる

2万円の時と比べて1000円増えます。たった1000円の差でも全然違った食生活になります。1回の買い物で3000円を使い、それを月8回します。

3000円×8回=24000円
残りの6000円を食費補助に使います。

※毎回使える金額が1000円増えたのと、食費補助が2000円増えただけで全く違った食生活の内容となります。

スーパーで3000円使うとどんな物が買えるのか?

スーパーで3000円といったらどんな物が買えるようになるのか?

スーパーで3000円使う時の内訳(例)

  • 肉類、魚を1200円分
  • 野菜を800円分
  • 調味料などを500円分
  • その他で500円分

このような感じでしょうか?一時期時給1000円の一人暮らし生活をしてましたが、その時の食費の内訳は実際このような内容でした。簡単に言うと、贅沢はそこまでできないけど、節約はそこまで頑張らなくてもいける金額です。節約を頑張ればちょっとした贅沢もできます

肉類、魚で1200円です。100グラム100円の肉類なら1キロ以上も買えてしまいます。私の場合は、鳥むねにくor豚こま切れ肉(100グラム100円)を500グラム、残り700円分でトンカツ用のロース肉などのちょっと高い物を買うケースが多かったです。栄養が足りないと思ったらその他の500円分で卵や牛乳を買ったりしていました。その他項目が余ったらこれでお刺身などを買っても大丈夫です。

こんな感じで大分余裕が出てくるのが食費3万円の生活です。一人暮らし初心者であっても十分いける金額だと思います。

食費3万円の生活ではちょっとした高い食材も買える

食費2万円の時は、とにかく安い食材しか買えませんでした。しかし、3万円設定にすると普段の食事にプラスして、食べたい物も購入できたりします。このように、スーパーで使える金額が1000円増えただけで食生活の内容はガラッと変わります。

注意点:食費3万円を達成する為に必要な事

食費3万円を達成する事はそれほど難しい事ではありません。そこまで料理スキルが無くても大丈夫だし、毎回最安の食材を買う必要もありません。ただ、より達成を簡単にするためにちょっとしたコツがあります。

それは週2回の買い物の内、1回だけを節約の回にするという方法です。本来3000円使う所を、食費設定2万円だと思って、2000円だけ使う。それが無理なら2500円に抑える。このちょっとした心がけをするだけで食費3万円を達成するのは余裕になります。

週に2回ある買い物の内、1回だけは節約して、1回は食べたい物を買うようにする。こうやってメリハリをつけた方が達成しやすくなります。高くて美味しいものはやはりどうしても食べたくなるものです。それを拒否し続けると逆にもうどうでもいいやという事になり食費を管理したくなくなります。それだけは絶対に避けましょう。

このメリハリ購入法は私も実際に今もやっているおすすめの方法なので実践してみてください。

食費月4万円の内訳:節約の必要なし

食費を4万円に設定すると節約の必要すらも無くなってきます

1回の買い物で4000円使う生活になる

1回の買い物で4000円使う生活になります。

4000円×8回=32000円
残りの8000円が食費補助になります。

2万円3万円の時の内訳を見てもらえば想像できると思いますが、食費を4万円にすると、節約すらそこまで気にしなくていい食生活になります。8000円も食費補助があるから、これで外食に行く事も余裕です。

スーパーで4000円使うとどんな物が買えるのか?

スーパーで4000円使う時の内訳(例)

  • 肉類、魚を1500円分
  • 野菜を1000円分
  • 調味料などを500円分
  • その他で1000円分

その他の項目が大分増えました。これは自分の好きな食べ物を購入してもいいし、主食、主菜分に加算してもいいです。そうすると、メインを鶏肉にする必要も無くなってきます。冒頭データによると、豚ロースは261円なのでこれを中心に自炊のメニューを考えても十分いける金額ですね。ただ国産牛肉だけで3、4日持たせるというような生活はできません。

食費4万円の生活では節約も必要ないし、外食もできる

スーパーで1回4000円も使っていいなら節約すらもそこまで気にする事は無くなります。また、月8回の買い物とするならそれでも8000円余るので、それで外食する事も可能になってきます。毎日の昼食を持参したお弁当では無く、購入したお弁当にする事も可能です。

注意点:食費4万円を達成する為に必要な事

食費4万円を達成する為に必要な事は特にありません。それほど余裕の設定金額です。ただ、余りにも適当に買っているとオーバーする事も有り得ます。その為に、いくら使ったのかというチェックだけはこの設定でもしておきましょう。私は今でもカレンダーに使った食費を書き込んでいます。

食費に関するまとめ

最後に一人暮らしにおける食費についてまとめます。

  • 食費2万円の生活は節約、料理スキルが必須。卵や鶏肉を活用して上手に自炊をする必要がある。
  • 食費3万円の生活は2万円と比べてそこまで節約の必要が無い。節約を頑張れば贅沢もできる。
  • 食費4万円は節約を意識しなくても達成可能。この金額内で外食やお弁当購入も普通に可能。

こうしてみるとやはり一人暮らし初心者におすすめな食費設定は3万円~となります。食費2万円は経験が無ければ難しいような気がします。食費節約は大切な事ですが、余りにも気を取られ過ぎると栄養が偏り体を壊しかねません。それでは余計に出費が掛かり本末転倒なので気を付けましょう。この記事が少しでも参考になれば幸いです。WAZAKI


【月収20万以下で一人暮らししたい人用】

月収20万円以下で一人暮らしする方法をまとめています。(主にパートアルバイト派遣の人向け)
→一人暮らし開始までの全手順

生活費想定方法
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました