手取り20万なら家賃いくらまでいける?【手取り20万だった時の生活費内訳】

手取り20万円 生活費想定方法

一時期、手取り20万円ほどの収入で一人暮らしをしていました。時給1000円一人暮らし生活(手取り14~15万円ほど)から手取り20万円になったので、びっくりするするほど生活が楽になった事を覚えています。

家賃が高くない地方の一人暮らしであるならば、この位の手取りがあれば一人暮らしは完全に余裕です。この記事では手取り20万円の一人暮らしの生活について書いていきます。


この記事で分かる事:実際の手取り20万円の生活費内訳、生活の内容、手取り20万円ならどのくらいの家賃の物件に住むべきか?

※大まかすぎた内訳を修正いたしました。

実際の手取り20万円の生活費内訳

手取り20万円だった時の生活費はこちらです。多くの項目は、時給1000円だった時とほとんど変わりません。何が変わったかと言うと、車を所有し始めたという事と、食費や交際費がやや増えたという事くらい。

家賃:4万円

家賃は時給1000円だった時と同じ4万円です。この位の手取りで家賃が4万円なら自由に使えるお金が相当余ると思います。家賃は収入の3分の1と言われているので、それを目安にすると安すぎる家賃とも言えます。

食費:4万円

私はスーパーで月に8回食材を買うと決めていました。一回に使うお金は4000円。4000円×8日=32000円。残りの8000円が自由に使える食費…という扱いにしていました。この食費4万円と言う設定は相当余裕がある食費設定と言っていいと思います。私は筋トレをしていてそこそこ食べるのでこの数字ですが、普通の人は余るかもしれません。

光熱費:1万円

光熱費も1万円を目安にしていました。この光熱費というのは、どんなに収入の差があったとしても大きな違いが出てくるものではありません。色々な人の光熱費データを見れば分かる事ですが、月1万円を見ておけば大丈夫です。使い過ぎたとしても+5000円位で収まります。

通信費:1万2千円

通信費も収入に変化があっても変わりません。キャリアスマホを使った時の、光料金+スマホ料金合わせて1万2千円でした。

雑費:1万2千円

私は雑費の中に交通費(ガソリン代)も入れていました。何故かと言うとガソリン代が実際にいくらになるのか分からなかった為です。

ガソリン代計算サイトでは6000円と出たのですが、実際に6000円で済むのか分かりませんでした。なので雑費と合わせて1万2千円としておけば多少オーバーしても問題ないという訳です。逆に余った場合は貯金に回す事ができます。そういった理由から私は雑費の中にガソリン代を含めていました。

軽自動車維持費(ガソリン代除く):2万円

軽自動車の維持費です。正直車を所有していなかったので軽自動車の維持費がいくらになるのか分かりませんでした。なのでインターネットで調べて大まかな維持費を計算しました。この軽自動車維持費についてですが、駐車場代、任意保険代、ガソリン代に地域差、個人差があります。私の場合は2万円、ガソリン代を含めると2万6千円くらいですが、人によって上下するとご理解ください。

軽自動車の維持費の内訳(月)

  • 駐車場代6000円
  • 任意保険代6000円
  • メンテナンス費、車検、税金の積み立て8000円

合計:13万4千円

生活費の合計は車の維持費含めて13万4千円でした。車の維持費を払ってもまだ5万円以上余っています。ちなみに、食費と雑費に関してはこれでも相当余裕を見た数字なので、余る事もありました。残ったお金は、貯金、おこずかいにあてていました。

手取り20万円で家賃4万円だと余裕の一人暮らし生活

つまり、手取りが20万円位ある状態で家賃を4万円に設定すると相当余裕がある一人暮らし生活になるという事です。車を所有しなければ更にプラス3万円近く浮く計算になります。

家賃の目安は収入の3分の1とかって言われてるので、この5分の1の家賃設定は生活が余裕になって当たり前ですね。

手取り20万円と手取り15万円の一人暮らしの差

手取り15万円だった時と比べて何が変わったのか?単純に5万円の差があるのでその内の2万6千円ほどが軽自動車の維持費に、残りのお金が自由に使えるお金となりました。

手取り5万円の差があるだけで、車が所有できるようになり、自由に使えるお金も2万円以上増えるということですね

手取り20万円なら家賃はいくらまでいけるか?

では手取り20万円の時家賃はいくらまで払えるのか考えてみます。車の維持費を除外して考えます。必須の生活費をまず出していきます。

家賃以外の出費項目をまず計算する

食費:4万円

この食費4万円と言うのは相当余裕のある数字だと思っています。小食+節約スキルがある人なら2万円でもいける可能性はあります。ただ一人暮らし初心者で、お弁当も作らないで買った場合ならこのくらい掛かっても不思議ではありません。

光熱費:1万円

光熱費はやはり1万円設定。一人暮らしでよほどの浪費癖がある人でなければ1万円を見ておけばいけると思います。多くても+5千円ほどです。

通信費:1万円

通信費は1万円です。格安スマホとかならもっと安く抑える事ができそうです。私の場合は、今でもキャリアスマホ+光料金で12000円前後です。

雑費:1万円

この雑費をいくらにするかが結構難しい。どこからどこまでを雑費扱いにするかとか、人によります。ただ単純に日用品だけを扱うのであれば1万円でも余る位だと思います。余ったお金は貯金に回す事ができます。

家賃を除いた生活費合計が7万円

ここまでで家賃を除いだ生活費の合計が7万円です。13万円も余りました。この残り13万円を家賃・自由に使えるお金(おこずかい)・貯金(不意の出費対策)、この3つで分ける事になります。この比率をどうするかは完全にその人の判断に寄ります。家賃を安めの物件にして自由に使えるお金を増やすのか、あるいはその逆にするのか。

まさか13万円の家賃に住もうとする人はいないと思いますが、10万円くらいまでなら不可能ではないかもしれません(不可能では無いというのは限界ギリギリと言う意味)。ただ、過去に一人暮らしをした事が無いという人であるならば、極力家賃は安い物件にした方がいいと思います。やりくりのコツが分かっていない状態は、本当に無駄な出費が発生します。

手取り20万円の家賃は最大8万円、理想は6、7万円

私が手取り20万円で、新たに一人暮らしを始めるというのであれば、家賃はどんなに高くても8万円程度の物件にします。

家賃を8万円にすれば、残り自由に使えるお金は5万円です。この5万円でおこずかいと貯金とするという生活ならば、贅沢はできないけれど、そこまでの無理はありません。

もっと安定した生活をしたいのであれば家賃6万円の物件にするべきです。私も手取り20万円だったら、まず6万円の物件を探すと思います。

家賃は給料の3分の1ってよく言われます。過去にこの3分の1が手取りなのか額面なのかで大分違うと書きました。

3分の1が手取りを指すのであれば、約6、7万円の物件になる(20万円の3分の1)
3分の1が額面を差すのであれば、約8万円になる(25万円の3分の1)

過去記事にも書いた通り、月収20万円以下で安定した一人暮らし生活をしたいのであれば、手取りの3分の1くらいの家賃の物件にするべきです。

そういった理由から、手取りが20万円(額面25万円)であるならば、手取りの3分の1の6、7万円の物件から探すべきだと私は思います。

まとめ

手取り20万円であるならば、最大でも8万円くらいにしておきましょう。理想は6万円くらいまで。

でもこれは逆に言えば家賃が8万円なら手取り20万円ないと厳しいという事ですね。東京の家賃は8万円でも別に特別高いというわけではないので、東京で一人暮らしするのは大変な事です。

一人暮らしの計画を立てる時の最重要ポイントは、生活費をまず算出し、自分の手取りと比べる事です。これを怠ると生活を開始した途端に苦しくなってしまいます。そうならないように、しっかりとした計画を立てましょう。

【月収20万以下で一人暮らししたい人用】

月収20万円以下で一人暮らしする方法をまとめています。(主にパートアルバイト派遣の人向け)
→一人暮らし開始までの全手順

無料1.U-NEXT無料トライアル
見放題作品が31日間だけ無料で視聴できます。(※※全ての作品が見放題になるわけではありません。[見放題作品の確認方法]一番左上のu-nextロゴをクリック(タップ)→、トップページに行き、作品名を入力→作品名ページで【見放題】とあれば対象)
生活費想定方法
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました