手取り10万円で一人暮らしできるのか?|生活費の内訳を考えてみる

10万円一人暮らし 生活費想定方法

手取り10万円で一人暮らしができるのか?私は以前手取り15万円弱くらいの生活を実際にしていました。その時、生活費だけを10万円に設定していました。生活費とは、家賃、食費、光熱費、通信費、日用品代(雑費)です。

その当時、『家賃を最安にして、節約を最大限すれば手取り10万円でも生活するだけならいけるような気がする』と思っていました。

なのでこの記事では手取り10万円で一人暮らしができるのかを考えてみたいと思います。

  • 一人暮らしに必要な生活費項目は、食費・光熱費・通信費・雑費・自由に使えるお金(おこずかい)・貯金。これらを10万円以内に抑える事ができるかどうかを考えます。
  • この記事で言う手取りとは、税金保険類(国民年金、国民健康保険もしくは社会保険)を引いた後の金額とします。また、交通費に関しても別に支給されるものとして除外して考えます。

手取り10万円から税金、保険類を払えるか?

各種生活費を考える前に、この手取り10万円から税金保険類を払えるかという事についてですが、これは無理です。

仮に、アルバイトの人で国民年金国民健康保険だったとして、この10万円から更にこれらを引かれてしまっては生活できなくなります。

国民年金には免除制度がありますが、国民健康保険は市区町村によって異なります。実際私の住んでいる役場に聞いてみたら、国民健康保険の免除制度は無いと言われました。

この記事では、あくまでもこういった税金、保険類を払い終わって残ったお金が10万円で一人暮らしができるかを考えます。

手取り10万円で一人暮らしをしている人は実際にいるのか?

手取り10万円で一人暮らしをしている人は実際にいるのか?Q&Aサイトで調べてみるとこんなデータを見つけました。

  • 額面収入12~13万円
  • 国民年金1万7千円
  • 国民健康保険年間2万円強(月3千円くらい?)
  • 家賃4万円
  • 食費光熱費通信費で5万円
  • 月に2回位外食している

※国民健康保険料が安すぎるので免除を受けている可能性があります。また、住民税についても同様です。

この人は大体手取り10万円くらいですね。そして生活費で9万円となっています。細かい内訳はありませんが、どうやら手取り10万円で一人暮らしをしている人はいるようです。

みんなの意見

同じくQ&Aサイトで手取り10万円一人暮らしに対する意見がありましたので、少しまとめておきます。

国民健康保険、国民年金を引かれた後なら余裕でできる。10万円から更に引かれるようであれば無理。実際一人暮らししてたけど、月の支出は9万円位だった。
かなり厳しいと思う。病院代など、予想外の出費に対応できない。
やればできないことは無い。家賃など、毎月の固定費を抑えればいける。車は論外。
家賃3万、2万で光熱費通信費、残り5万で食費交際費その他。
地域によると思う。家賃を3万円に抑えられるのであれば大丈夫。贅沢はできないけど可能。とにかく家賃は収入の3分の1にしておくように。
私もこれらと大体同意見です。これらをまとめると、
  • 贅沢はできないけどやろうと思えばいける
  • 家賃はどんなに高くても3万円まで(家賃は収入の3分の1)
  • 10万円から税金保険類を払う余裕までは無い
  • 車は論外

このような所ですね。ポイントはやはり家賃です。手取り10万円一人暮らしでは1万円どころか数千円が大きな差になるはずです。慎重に適正家賃を見極める必要があります。

手取り10万円で一人暮らしする時の生活費内訳

ではここから、私が実際に手取り10万円だったら、どのような生活費内訳にするかを考えます。

食費2万円:節約&お弁当&贅沢はできない

手取り10万円であるならば、食費をできるだけ節約しなければ一人暮らしは難しいです。どんなに出しても食費は2万円が限度だと思います。自炊はもちろんですが、お昼は作ったお弁当、スーパーで買い物をする時も最大限安い物を購入する必要が出てきます。別記事で食費2万円の内訳を書いていますので参考にしてください。

食費2万円の内訳

もう一度簡単に書くと、食費2万円の生活は、

  • 自炊、節約必須
  • 月8回買い物をするとして、一回のスーパーで買える金額は2千円前後
  • 余った4000円でお米やパスタ、調味料を買うお金にする

このような感じです。2千円で3日位持たせなければならないので、節約生活はどうしても必須になってきます。贅沢も決してできません。ただ、1回の食事で卵しか食べられなくなるというような貧乏生活になるほどではありません。それは食費を1万円にした時の場合です。

食費を1万円にするのは可能か?

貴重な10万円の内、2万円も食費にしたくない!1万円で十分では?と思うかもしれません。でもそれは不可能と思った方がいいです。スーパーで一回で使えるお金が1000円。それで3、4日持たせる事ができると思いますか?少なくとも私にはできる気がしませんし、おすすめもできません。長期的にみれば、絶対に栄養不足にもなると思います。一人暮らしは体が資本なので、絶対に栄養摂取をおろそかにするべきではありません。

ーーー使える金額はあと8万円です。

光熱費1万円:数千円の節約も意識する

一人暮らし光熱費(電気ガス水道)の平均はおよそ1万円くらいだと思います。実際私が生活していてもその位だし(WAZAKIの一人暮らし光熱費データ)、多くの人のデータを見てもそうです。ちなみに、これを半分にするなどという事は不可能です。なので光熱費は1万円に設定します。ただ、手取り10万円くらいだと数千円でも重要なので、日々の節約を意識し、光熱費1万円を9千円、8千円にするという努力は必要です。

ーーー使える金額はあと7万円です。

通信費5千円:格安スマホ必須

手取り10万円一人暮らし生活では通信費も5000円に収める必要が出てくると思います。光料金(パソコン)と携帯料金両方払う余裕は無いと思われます。光料金(5千円位)は払えないので、格安スマホなどの料金5000分だけで収めるようにします。ちなみに私は今もキャリアスマホ+光料金で12000円です。ただ、光料金を払っていて思う事ですが、スマホさえあれば別に生活に困る事はないです。スマホすら持たない生活は今の社会ではありえない事だと思いますので、5000円設定とします。

ーーー使える金額はあと6万5千円です。

雑費5千円:余った分は他に回す

雑費(日用品代)は5000円設定。これは日々の消耗品などを購入したりするお金です。シャンプー、ボディーソープ、ティッシュ、靴下など。私はこの雑費で余ったお金を食費の補助にしたり、貯金に回したりしていました。

この月5千円設定は内訳の中でも唯一余裕のあるものです。日用品代(シャンプー等)だけでは5千円いかない場合がほとんどです。余ったお金を食費などでオーバーしてしまった分や、貯金に回します。この余ったお金数千円も重要です。

手取り10万円の一人暮らしはそれほど節約が必要な生活と言う事です。

ーーー使える金額はあと6万円です。

家賃・自由に使えるお金・貯金6万円:人によって違う

残った6万円を家賃、自由に使えるお金、貯金で振り分けます。なぜこれを細かく設定しないかと言うと、これは人それぞれだからです。少しでもいい家賃の所に住んで自由に使えるお金と貯金が少ない生活をするか、その逆を選ぶかは人それぞれです。

でも一番現実的なのは、みんなの意見にあるように、家賃が3万円くらいの所を探し、残りの3万円を自由に使えるお金と貯金に回すというパターンだと思います。逆に、家賃6万円の賃貸に住んでしまうなどという事は絶対にやめましょう。これは無理です。突然の出費にも対応できないし、風邪などで収入が途絶えた時、完全に詰んでしまいます。

まとめ:手取り10万円の一人暮らしは不可能では無いけど…

改めて記事を見返すと、手取り10万円でも一人暮らしは絶対に不可能というわけではないと思いました。でも絶対に贅沢が出来ないという点、食費光熱費のかなりの節約が必須になるという点は極めて重要です。軽い気持ちでできる生活ではないというのが私の見解です。

日々の節約生活にも自信があり、贅沢も全くしなくて大丈夫という気持ちの人以外はするべきでは無いのかなという気がします。

ルームシェア、もしくは地方で2万円以下の家賃の場所に住めればより現実的にはなりますが…。もしくは、飲食店などで食事補助有りの職場で働き食費を浮かす(例:食費1万5千円)などでしょうか。とにかく、手取り10万円の一人暮らしは非常にシビアな節約生活必至なので、十分に検討するようにお願いします。WAZAKI


【月収20万以下で一人暮らししたい人用】

月収20万円以下で一人暮らしする方法をまとめています。(主にパートアルバイト派遣の人向け)
→一人暮らし開始までの全手順

生活費想定方法
WAZAKI-LIFE【一人暮らし実践ブログ】
タイトルとURLをコピーしました