一人暮らし時給1000円で車は所有できるのかという問題

時給1000円車所有 一人暮らしノウハウ

時給1000円の一人暮らしで、車を所有する事ができるのか?この事について書いていきます!

私WAZAKIは結構長い間時給1000円一人暮らし生活をしてました。現在は時給1000円生活ではありませんが、車を保有するようになった今、時給1000円だった時でもこの維持費は払えただろうか?と色々考えてみました。結論は、努力すれば所有できない事は無いが、しかし止めといた方がいいというものになりました。

この記事は家賃が4万円前後の1Kが借りられる地域を想定したものです。東京を想定したものではありません。東京は家賃が高いので時給1000円での車の所有はほぼ不可能と思っておいた方がいいと思います。東京の場合、家賃が6万円ならこの4万円との差額2万円を更に稼げる時給…というように考えてください。
また、車の維持費は月3万円(軽自動車)と想定しています。

軽自動車の維持費は?

まず維持費についてですが、月3万円くらいあれば軽自動車の維持費は払って行けます。(ガソリン代、税金、駐車場代、保険代、修理代車検代の積み立てなどを合わせて)

私はペーパードライバーだったので軽自動車の維持費がどのくらいかかるのか全く分かりませんでした。自動車屋さんに教えてもらい、自分の今現在払っている維持費(積立合わせて)もこれくらいなので、この記事では軽自動車の維持費を3万円と仮定します。実際に私が払っている維持費も同じくらいです。

軽自動車の維持費に関してこちらのサイトが参考になるのでご覧ください。

軽自動車の維持費ってどれくらい?税・ガソリン・駐車場・メンテを入れた月額を算出しました:常陽銀行
自動車税が上がって話題になっている軽自動車の維持費。普通車と比べてどれくらい安く済むのでしょうか?ガソリン代や駐車場代に加え、メンテナンス代も予想しつつ維持費について考えてみました。

こちらのサイトには、

軽自動車には車検のある年で39万円~42万円、車検のない年で34万円ほどの維持費がかかっていることになります。

とあります。なので月3万円位をみておけば軽自動車の維持費となり得るようです。

ただ、維持費に関しては駐車場の地域差、保険料の個人差、ガソリン代の個人差があるので正確には示しづらいです。正確に軽自動車の維持費を知りたいのであれば、項目をピックアップして自分の場合どうなるかを算出しましょう。

という事で軽自動車の維持費を3万円と仮定して、時給1000円一人暮らしで車を所有できるのかを考えます。

時給1000円の一人暮らしの生活費

過去の記事をまず見て頂けるとわかりますが、私が時給1000円の一人暮らしをしていた時、絶対にかかる生活費の部分だけを10万円と設定していました。家賃は4万円です。そして余ったお金が、交際費や時折発生する予想外の出費用、貯金という扱いでした。

時給1000円でフルタイム働いた場合の手取りはおよそ14万円位です。→時給1000円の手取りを計算

生活費の部分だけで大体10万円と設定するなら残ったお金4万円が自由に使えるお金という事になります。この4万円を完全に車の費用に充てる事はできません。なぜなら一人暮らしをしているなら予想外な出費というものが絶対に出てくるし、友人と遊ぶお金やおこずかいも最低限なければそれは成立しているとは言わないからです。この位の手取りで一人暮らしをするのであれば月の貯金も必須になります。

という訳でこの状況で更に車を所有するとなると、必須生活費として設定していた10万円を削る必要があります。※私が時給1000円で一人暮らししてた時の詳しい内訳は下記の記事を参考にしてください。

車を所有する為に、生活費自体を更に切り詰めてみる

時給1000円一人暮らし生活で更に車を所有する為に、3万円を捻出したいわけです。当時の私の生活費内訳通りでは厳しいので更に切り詰めてみます。

当時の、月に絶対にかかる生活費(内訳:家賃、食費、光熱費、通信費、雑費)が10万円。この10万円の中からあと何が削れるのか?家賃は節約できません。

食費通信費雑費光熱費合わせて1万5千円節約

食費の節約で5千円の節約です。食費3万円設定にしてましたが、それが2万5千円になります。これ以上の食費節約は相当難易度が高くなるのでおすすめできません。初心者にとっては不可能と思っておいた方がいいです。具体的にどんな節約をするかと言うと、お昼は絶対に自分で作ったお弁当持参、朝夕食も節約レシピを実践するという事です。こうすれば食費2万5千円は初心者でも可能です。

通信費の節約は、格安スマホにする事。これで5千円以上節約する事も可能です。この2つで1万円の節約です。

そして雑費と光熱費の節約、合わせて5千円を目指します。これも努力すれば不可能ではありません。

全部で1万5千円の節約になりました。一人暮らしの必須出費が10万円だったのが、8万5千円に。

もうこれ以上節約できない

さてここから更に1万5千円何かから引ければ、合わせて3万円の節約となり、車の維持費になり得るのですが、私がこの計画に反対なのは、ここから1万5千円節約するのが非常に困難だと思うからです。

生活費からはもう切り詰められないので、残ったのは生活費以外の自由に使えるお金4万円からです。でも最初に書いたように、この4万円を削るのも止めといた方がいいです。

一人暮らしはやってみないと分からない事ですが、想定外の出費が本当によくあります。健康な時は何も考えませんが、怪我をして病院に行って治療してもらったら初診料含め5千円以上かかります。持っているあらゆる物が壊れた時も買い替えの費用や修理費がかかります。服とかもそう。そういった事に備えて貯金もしていく必要があります。たまには美味しいものも食べたいし、友達とも遊びに行きたいはず。

この残った4万円というのは時給1000円一人暮らしにとって、なるべく削りたくない、削ってはいけない大切なお金なのです。

結論:家賃4万円であったとしても時給1000円では車の所有は難しい

というわけで結論は、時給1000円(手取り14万円)での車の所有は難しいという事になりました。家賃がかなり安めの4万円のケースでもこのように厳しいのです。

家賃4万円、時給1000円で結構な期間一人暮らししてましたが、ある程度の余裕はありましたが、欲しいものなどが出来た時などはダブルワークをしてその分を稼ぐ…というような状況でした。なのでもし当時車を購入し、毎月固定の+3万円の出費が増えたとしたら、相当な負担になっていたと思います。

ですので時給1000円の生活では、車の購入は我慢し、原付や公共機関での通勤を考えるのがベターかなというのが私の見解です。

どうしても車が欲しいならダブルワークするしかない

時給1000円で仕事をしていて、どうしても車が欲しいならば、ダブルワーク、もしくは残業をして費用を捻出するしかありません。このダブルワークor残業ができるのであれば車保有は不可能ではなくなります。(完全な時給1000円で車保有とは言わなくなりますが)

例えば土日休みのお仕事なら土曜日だけ違う仕事を入れて働く。車の為に休日を1日減らすという意識ですね。これに耐えられるのであれば時給1000円で車を所有できます。時給1000円なら(8000円×4日=月32000円)となり、車の維持費を捻出できます。

ただ完全に週1休みの生活になってしまいます。しかも私の場合もそうでしたが、こういった時給で生活している人は何か他にやりたい事ややらなければならない事がある人というパターンが多いので、この方法が必ずできるというものでもありませんが…。

まとめ

結論:完全な時給1000円の収入だけでは車の所有は難しい。でもダブルワークや残業で、車の維持費を捻出できるのであれば不可能ではない。

私個人としては、このくらいの収入での月3万円は車の維持費ではなく、他に使った方がいいという意見です。通勤手段として、車とバイクどっちがいいかと言われたらやはり車の方がメリットが多いです。しかし、生活自体が苦しくなってしまったら元も子もないので慎重に維持費を払って行けるかどうか見極めましょう!

タイトルとURLをコピーしました